ザクロ屋 >店長体験談

こんにちは!

姉妹店の店長の宮添香織と申します。
ザクロ屋姉妹店にご来店くださいまして
ありがとうございます。

ザクロは、とっても神秘的な果物。

世界のさまざまな神話や日本でも、
子授け・子宝のシンボリックな果物として認知されています。

ザクロには、神話や昔話として、子授け・子宝のシンボリックな果物として語り継がれる理由がある。

そう実感した自らのザクロ体験を通じて、 ザクロの魅力を少しでも多くの方を共有できましたら、嬉しく思います(^^)

この場で私自身の体験談をご紹介させていただきます(^^)

4ヶ月の音沙汰なしも珍しくない。長年の生理不順に悩まされていた私。
子宝に恵まれるのか、とても不安な気持ちで毎日を過ごす時期もありました。

2010年10月、ザクロ屋に入社以来、マイペースでザクロ習慣を始めたところ、3ヶ月経った頃から、生理不順だったのが、何だか良い感じ。

季節的なアトピーでかきむしった体の傷も、いつの間にか、かゆみと共に気にならなくなっていました。
私としては、もう、これだけで十分ハッピーでした。
これは、子宝以外にも、ザクロの恩恵を期待できることを、体感しました(^^)

そんな、「なんだか良い感じ」な
ザクロ習慣を続けておりましたところ・・・

20歳年上の主人との間に、37歳にして、初めての子供を授かることができました。

「嘘???」「信じられない」「見間違え!?」

正直、子供はあきらめていましたので、それはそれは、現実感を感じない狐につままれた!?
(古い)ような気持ちになりました。

晴れて父親になった私の夫は、58歳(石田純一さんと同じ年)。

前立腺の症状で市販の薬を飲んでいた彼も、「ザクロのしずく」を飲みだしてから調子が良くなり、「これまでとは全然違う!」と、喜んで毎日欠かさずに飲んでいます。

ザクロのしずくが、女性にはもちろんのこと、前立腺の症状が気になる男性にも良いと確信した“私たち夫婦の体験”から、同じようなお悩みの方に、少しでも励みになればと思っております。